ようこそ、自転車旅行相談所へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

虹色自転車旅行相談所

164876
自転車旅行と自転車組み立て、及び自転車法規ご質問ご相談ほかの掲示板です。自転車について何でもお寄せ下さい。旅報告、雑談も歓迎です。ご意見ご要望、管理人への申し入れは、ここBBS内に。ただいま、試行実験中です。

なんでこうなるのぉ?!ほぼほぼ四国一周ツーリング 第2編 - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 06:31:52

まずは、宿毛駅を離れ数キロ先の「道の駅すくも」を目指します。

宿毛駅を出発する頃は、天気は、曇り空だったような。大きな橋を渡り、やや上り坂の道をちょっと加減しながらペダルを踏んで進みます。

写真は、その大きな橋。調べてみると松田川に架かる松田川大橋っという橋だそうなぁ。そして、その橋の向こうに見えるは宿毛の市街地です。

12月21日10時54分に撮影です。前日深夜に出発してやっとスタートラインに立ったという感じですねぇ。(^^

まずは、はじめちょろちょろ、なかぱっぱ・・・ - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:02:25

長期間の自転車ツーリングにおいて、走り出しは大事です。あまり張り切って飛ばしすぎないことです。足に負担を掛けないことです。

はじめちょろちょろ、なかぱっぱ。

っと、何度も呪文を唱えながらペダルを漕いでいきます。特に上り坂などで、まだ大丈夫、まだ大丈夫などと自分の足を過信して無理をするともういけません。

だいたい初日の終わり頃か、二日目の中頃ぐらいから膝の内側の筋が徐々に痛くなり、やがてそれは耐えられないくらいの痛さに変貌していきます。

そして、この痛みは自転車ツーリングの間中、ずっと続きます。

っということで、はじめちょろちょろ、なかぱっぱ!

初日、二日目はがんばりすぎない。

んなことを唱えているとしばらくすると、もう「道の駅すくも」に到着です。

いきなりのご馳走です。 - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:10:00

この「道の駅すくも」広い駐車場と空き地。それと幾つかのお店に分かれていて、どうやら一番奥の建物がスタンプの置かれているお店のよう。(写真)

入り口はごらんの通りの賑やかな佇まい。中に入ると、個人経営っぽいこぢんまりとした感じ。

ぐるりと後ろに手を組んで一回り。

っとすると、なんと。

大トロ三貫、350円発見! - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:13:24

大トロ三貫、350円発見!

っです。先客の会話を遠くに聞きながら、その売り場に近寄ってみると、これです。(写真)

大トロ三貫とアジ三貫で350円。おぉ~。これは安かろぉ。どうみても。

残念ながら、もう1パックしか残っておらず、その1パックを購入。

豊後水道を眺めならの舌鼓。 - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:19:00

そして、この店内には座席が準備されていて、そこで食べることにしました。(写真)

干し柿のつるされた所を選んで、曇天の豊後水道をぼんやりと眺めながらの大トロです。

この大トロがなんとも旨い。わたしは冷凍物と生の大トロの区別がつきませんが、この解凍して出されたものではないんじゃないかと思われるぐらいおいしかったです。

さい先いいじゃないですかぁ。

一貫、一貫にちびりちびりっと刺身醤油をかけながら、ありがたくいただきました。

幸せなひとときでした。(^^コノアトナンデコウナルノッテテンカイニナルノニ・・・

愛媛の特産物、ぽんかんを・・・ - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:24:04

帰り際に、写真のご夫婦?に大トロが本当においしかった旨を伝えると、右側のおばちゃんから愛媛の特産物のポンカンをひとつ、いただきました。

ありがとうございます。(^^

このぽんかん。殆ど当たり外れがなく大抵ポンカン特有の酸味と甘みを味わうことができます。

いただいたポンカンも例に漏れずに美味しかったです。ぽんかんはこの旅の中でも何度か購入して水分補給にいただきました。

取り敢えず、国道321号線を南下。 - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:37:12

この道の駅すくもを出ると、取り敢えず、国道321号線をひたすら南下します。

天候も優れず、いつ雨が降るかもしれない状況の中でペダルを漕いでいました。

そして、次の「道の駅おおつき」(ふれあいパーク大月)ぐらいで雨が激しくなってきたので、またここで足を休めることにしました。

ここでも、ぐるりと店内を一回り。

面白いネーミングの魚の寿司を見つけたので購入することに。

購入のさいに、この魚は何ですか?っとお尋ねすると、これは深海魚とのこと。名前は「もつ」。

酢飯になっています。表面にはごまがふられ。

あまりお腹はすいていなかったのですが、そんなことは言ってられません。店外のテーブルに陣取って、一口ぱくり。

うぅ~ん。普通の魚の酢飯とちょっと違う。

しっぽの方などは歯でちぎれない。

うぅ~ん。やっぱぁ。深海魚は違うわぁ。(^^;

っと一応、感激。(^^

所変われば品変わるっとはよく言ったもので、この地域では日常的にこのような魚が食べられているんだっと改めて驚いた次第でした。はい。(^^;

折角なので、もう一枚。 - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:41:06

酢飯の断面図です。はい。

こんな感じです。

不味くはないですが、そう旨いっという領域まではいかない酢飯でした。

うぅ~ん、勝手に判断すると、その領域が爆発的に出回らない理由かなぁっと。(^^;

っでも、この地域に来られた一度食する価値は充分にありっと思ってはいますが。はい。(^^

あ、それから・・・ - pinkichikun

2019/01/12 (Sat) 17:59:38

この道の駅で、親しく話しかけてこられる男性がひとり。

うぅ~ん。年の頃は60前後。

なにやら、ロードバイクなどを乗っている人を見ると話しかけたくなるとのこと。なぜかというと、自転車の周辺機器、ブレーキや変速機などの製造の世界的メーカーのシマノに以前勤められていたとのこと。そして、ある製造ラインを任されて、とある理由で上司の方とケンカをして辞めてしまわれたとのこと。

話はもう少し詳しくお伺いしたのですが、退社してしまった後悔の念がものすごく伝わってくるお方でした。もしそのまま勤め上げられていたら工場長ぐらいにはなられてたかもしれませんね。っと。

人生。どう転ぶかわかりません。

そう感じさせる、この方とのひとときでした。(写真のお方)

国道321号線を暫く南下です。 - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 07:12:25

旅の前半は、天候は余り芳しくありませんでした。

レインウェアに、レインシューズカバーを装着して余り写真も撮れず黙々とペダルを漕いでいる時間が長かったように思います。

予報では、段々と天候は回復するとのこと。

少しの我慢です。

以前は、赤サンゴが・・・ - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 07:30:26

道の駅すくもに立ち寄ったときに、あるお店で赤いサンゴの加工品の売っていました。

おばさんが饒舌にこのサンゴの説明をしてくれていましたが、その中にこの近海でサンゴが採れるとの説明がありました。

ちょい、まゆつばものかっと、あまり信じてはいませんでした。

っが、この写真の説明を読んで合点がいきました。

つまり、徳川時代にそのサンゴの存在は発見され、その場所は秘密にされ採取も禁止されていたとのこと。しかし、明治維新以降、その禁止が解かれ明治の最初にどんどん採取され殆どなくなってしまい、今では他の地域からサンゴを持ってきて、その加工をしているとのこと。

よって、正確には、この地域に明治時代に行われていたサンゴの採取と加工は、その加工技術だけがこの地域に残り、販売されているっということだろうと解釈しました。

写真左の少女が抱いているのは、赤サンゴだと思います。真ん中の看板にその説明が書いていました。

土佐サンゴ(赤サンゴ)なるものがあるんですねぇ。

足摺サニーロード。 - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 07:38:10

この国道321号線は、日本の道100選にも選ばれているようで、別名「足摺サニーロード」とも言われるそうな。

適度なアップダウン。道路の右サイドに広がる太平洋。

ドライブや自転車ツーリングに適した抜群の道路です。

近海では、かつおやトビウオが捕れるようで、橋の欄干にはそれらの置物が。(写真)

日本の道100選だどぉ~。 - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 07:41:52

各地域に、なんとかロードってありますが、確かにそのように銘打っている道路は、整備もされており非常に走りやすい道が多いですよねぇ。

もう少し、天気がよければ最高の道だったんですが。(^^;

叶崎(展望台) - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 07:58:57

ここは、叶崎(かなえざき)の展望台。ちょっとりっぱな東屋があり、地域の掲示板ほか。

ここから400mも歩けば、ここから見える灯台にも行けるようです。

確かに見晴らしはいい。

ここで写真を撮っていると、軽自動車でドライブをしているのであろう若い女性がふたり。少々早口で、少々興奮気味に、この叶崎の展望台を「いいとこ、みっけ」的な口調できゃっきゃっとお話ししていました。

普段ならその会話の中に入っていったりするんですが、今回はなぜかしませんでした。

こういうときはなるべく意識してこちらから話しかけ、一緒の写真を撮らないと大抵の場合後悔します。

このときもそうでした。(^^;イチゴイチエダヨナ

小腹が空けば、こびり。 - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 08:10:10

一日中、自転車を漕いでいると小腹が空くものです。

そのときのために、大抵フロントバッグには写真のようなコンビニの菓子パンを忍ばせております。

まぁ、これがあるから小腹が空いても慌てずに、自転車をそこら辺に立てかけて、足休めも兼ねて菓子パンを口の中に頬張ります。だいたい菓子パンの中にはクリームが入ってます。干しぶどうなどが散りばめられているパンなどは好物です。

普段このような菓子パンなどは食べないものですから、この自転車ツーリングのときにいただくこのパンはわたしにとって非常に新鮮です。(^^コレイゼンニモカイタヨウナ

今回の休憩場所 - pinkichikun

2019/01/13 (Sun) 08:19:36

ヤシの木が数本植わっている所で休憩です。

ちょっと段差になっている所に座って、海岸線を眺めながら、これからの旅程を考えながら、菓子パンをかじります。

身体がペダルを漕いでいたので温まっているので、そう寒さは感じません。

ただ休憩もやはり10~20分ぐらいですかねぇ。そうしないと段々身体が冷えてきます。一度冷えると、ちょっとまずいですね。

この身体が温まった状態を如何に維持しながら日中を過ごし、宿泊地ではテントを張り、シュラフの中に潜り込んで就寝に入るかっがポイントですねぇ。

今回は結構、その体温の維持が上手くいったので、旅の後半寒気団が南下してきてかなり寒くはなりましたが、大丈夫でした。(^^

初日の宿泊地、みっけっと思っていたら・・・ - pinkichikun

2019/01/14 (Mon) 04:23:01

昼下がり、写真のキャンプ場の撮影時刻が午後3時29分。

ちょっと早い気はしましたが、利用料金300円。広大な敷地。それも誰もテントを張っていないみたい。

確かこの時まだ若干小雨が降っており、看板の裏にちらりと見える東屋風の建物にでもテントを張ることができればと思っていましたが、よく見るとなにやら様子がおかしい。(^^;

建設資材が置かれているわ、重機もあったような。

っで、この爪白キャンプ場っという案内板の左横のゴルフ練習禁止の、そのまた下に小さな立て看板があり、そこを眼を細めてよく見ると、あれれ・・・(^^;

「工事中につき利用禁止」

じゃと。(^^;

もうちょっと大きな標識で掲示してほしいもの。これじゃあ、この立て看板に気がつかずにテントを張る人もいるんじゃないかと思ったり。(まぁ、それでもいいのかもしれないけど。)

どうなんでしょうかねぇ~?
この冬場のキャンプ場事情。結構ゆるゆるに対応していただけるものなんでしょうかねぇ?

つまり、この爪白キャンプ場は高知県土佐清水市の管理のようですが、「工事中につき利用禁止」っと掲示されていますが、「気がつきませんでした。」「後で利用料金は支払うつもりでした。」っということでテントを張ってもいいもんなんですかねぇ?

うぅ~ん。微妙ですねぇ。普通、料金300円とあれば、事前にその管理人さんに連絡をし、テントを張ってよいかどうかを尋ねますよねぇ~。

微妙なときは、・・・ - pinkichikun

2019/01/14 (Mon) 04:39:32

微妙なときは、先に進む。

っということで、数キロ先の「道の駅 めじかの里土佐清水」を目指します。

爪白キャンプ場を過ぎると土佐清水市のちょっとした市街地があり、コンビニに小売店等が並んでいました。そして、そこを過ぎて少し上り坂を上った所にこの道の駅はありました。

到着すると、すぐに観光案内らしき所へ行き、そこの女性にお尋ねすると、雨風が強いので建物の前に設営しているテントと建物の間にテントを張るといいですよっとのご回答。

ありがたき。

写真は、次の日の朝に撮ったものです。

っで、買い出し。 - pinkichikun

2019/01/14 (Mon) 04:47:27

その後、先ほどの市街地へ戻り地元のスーパーとコンビニに買い出し。

それとこの道の駅でも閉める直前だったみたいでちらし寿司や焼きそばが半額になっていましたので、思わず買っちゃいました。

また悪い癖が出てしまいました。一日ペダルを漕いで腹ぺこの状態でスーパーなどで食料品を目にすると、どうしても触手が伸びてしまいます。

っで。これですから・・・(^^;(写真)

いくら何でも買いすぎでしょう!

っでも、安かったですけど・・・(--;コレヤスモノガイノリユウ

えぇ~っと。まず夜にこれとこれを食べて、次の朝にはこれ食べてっと。(^^;

買い出ししたスーパー。 - pinkichikun

2019/01/14 (Mon) 04:56:47

買い出ししたスーパー。

「スーパーストア みやむら」

うぅ~ん。コンビニ風の地元の食料品店という感じでしょうか。

お店の入り口には長椅子があり、お年寄りに配慮されているのかなぁっと。また、買い物の最中に子供たちが、わぁ~っと入ってきてお店の方と談笑。わたしが食料品の会計の時には誰もいなくなって、お店の奥に向かって、「すみませぇ~ん。会計お願いしまぁ~すぅ。」って。

地域感満載のお店でした。

トイメンにはコンビニ御三家「ローソン 土佐清水三崎浦店」がありました。

この微妙な位置関係、力関係。地域での存在理由。うぅ~ん。どちらもがんばってくださいっと思ったりしました。(^^;

道の駅のお姉さんに感謝。 - pinkichikun

2019/01/14 (Mon) 05:02:51

夜は、お姉さんの忠言の通り、凄い風雨に見舞われました。

っが、道の駅の建物の前にある大きなテントと建物の間に私のテントを張らせていただいたので、全く風雨の影響はありませんでした。

ただ、雨風の音は一晩中続きましたが、ほんとに雨にテントが濡れなくてよかったっと思いました。(^^;

写真は次に日の朝、テント撤収時のものです。

さい先いいっすねぇ~。(^^

あれ、「なんでこうなるのぉ?!ほぼほぼ四国一周ツーリング」って、どういうことだったっけ?(^^

叶崎(展望台) - 管理人さん

2019/01/25 (Fri) 18:36:22

 わたしは5年前の1月、逆向きルートでしたが、やっぱり、そこで休憩でした。前夜は竜串「ホテルオレンジ」泊。この日は柏島で、これも宿に泊。キャンピング・ランでありながら4泊中3泊が宿舎という、何の為の装備であったのか分かりませんね。まぁ、運良く飛び込み泊ができたともいえますが。竜串は日が暮れて寒さが故。柏島はキャンプ適地を探せずに。室手の「民宿ビーチ」は昔を思い出してでした。自動車で立ち寄ったことがあったんです。建物は朽ちかけていたけど、当時のまま。昼食を戴いて母親の実家へでした。^^

そうでしたかぁ。(^^ - pinkichikun

2019/01/26 (Sat) 04:55:32

叶崎の同じ東屋ですねぇ、わかめさん。(^^

ここは、ほんに景色がよかったです。坂を登り切った所で一休みするにはちょうどよい所ですよねぇ。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.